空き家のカビ対策は換気が重要です。

先日ご依頼を頂いた事例です。

今まで空き家で放置状態だったとの事で、

少し家具等が残っているお部屋でした。

その家具を移動してみると・・・。

IMG_5680

IMG_5679

 

IMG_5677

IMG_5676

 

この部屋は、北側の部屋で日当たりがあまりいいお部屋ではありませんでした。

室内に家具等を置き、物置状態で使われていたお部屋は湿気が充満し、気づいた時には壁等がこのような状態になってしまっていました。

長期間、人の出入りがなく放置されてしまった空き家は、室内に湿気や汚れがたまり、カビが生えやすい状態になっています。

カビは、一度大繁殖してしまうと完全に除去することが難しく、悪臭の原因になるだけではなく、柱や壁をむしばみ、建物全体の老朽化を加速させるおそれもあります。

また、空気中に浮遊するカビ胞子による健康被害も懸念されているため、定期的に換気や掃除を行い、良好な衛生状態を維持していくことが大切です。

定期的に換気を行うだけでも、大きく状態は違ってきますので、室内の換気は重要です。

換気扇を設置して常時稼働させておくのも1つの方法ですが、湿度が高い時期にはその逆効果となるおそれもある為、直接足を運んでの状態を確認も必要になるかと思います。

こういった定期的な管理が難しい場合は、是非第一サービスまでご相談下さい。