これからの空き家の活用法は・・・

現在、賃貸や別荘などを除く、放置されているような本当の「空き家」が全国で300万戸を超えていると言われています。

それでも、人口減少傾向にある現状にも拘らず、まだまだ新築の分譲マンションや賃貸物件が増えています。

このままですと、平成35年までには空き家が500万戸に達すると国土交通省では予想されているそうです。

そこで、空き家の増加を食い止めるため、国土交通省は、先月6日、全国の空き家のうち、耐震基準を満たす賃貸住宅や戸建て住宅を活用し、子育て世帯や高齢者らが割安な賃料で入居できるための制度設計に乗り出す方針を固めたとのことです。

どういった制度にするかはこれから決めていくのだと思いますが、リフォーム費用の補助や賃料の補助などが含まれてくるのではないでしょうか。

壊すにはまだ早い住宅をお持ちの方は、こういった制度を利用して、住宅確保が困難な世帯の居住安定確保に役立ててみてはいかがでしょうか。

それまでは当社のような管理会社に空き家の管理を依頼し建物の維持に努めることをお勧めいたします。

是非ご相談ください。

尚、現在、ほとんどの地方自治体には空き家バンク制度があり、登録をしておくと賃貸借や売買で物件を探している方が見つかるかもしれません。

こういった制度も是非利用してみてください。

残念ながら、現在、静岡市の場合は「おくしず」と言われている中山間地域のみの空き家バンク登録となっておりますので、登録できる地域がかなり限定させてします。

もしその地域に空き家をお持ちの方がいましたら、試してみてはいかがでしょう。

条件があえば、リフォーム費用の補助などが受けられます。
yjimage